威斯尼斯人官方娱乐平台|歡迎您!

温もりのある教え場•効率の上がる『オンライン授業』 ―外国語学院でオンライン授業を丹念に展開した!!

時間:2022-04-27 15:04:12 クリック:

『コロナ疫病対応期間の教育活動の手配全般』によると、外国語学院では授業計画をタイムリーに調整し、45日からオンライン授業を全面的に展開した。教師陣全員は積極的にそれに対応し、教育課程を綿密に配慮し、授業のプロセスに誠心の注意をデザインし、授業の前から細かい準備を真面目に行い、オンライン授業を効果的に組織した!「関心・細心・真心」のオンライン授業を順調的に行うことを確保し、より良い効果を収めた!

「公共コース学部」と「専門コース学部」両部門では、校の指示を引き受けた後、早速オンライン会議を開催し、校の指導方針を教師たちに伝え、オンライン授業の展開について全員部署をつけた。教師陣の全員は夜遅くまで授業計画を積極的に整えながら、使用できるプラットフォームのデバッグから、デザインの斬新なPPTと教案の準備、そして学生への緊急連絡まで手取りよくやり遂げた。

翌日にはオンライン授業を全面的に順行した。更に、院の授業推進部門は授業の状況、教育要件などについて校則と院則を厳守するために、オンライン授業を巡って、検討推進会を数回も開き、授業中に現れた問題点と注意点について考えを巡らし、より良い方案を捻り、順調的に授業を推し進めてきた。

教師たちは、コースの特徴と教育要求に応じて、授業のプロセスと方式に心を込めた生ライブを作り出した。例えば、「雨課堂Rain classroom」、「釘釘DingTalk」、「超星学習通Superstar learning link」、「テンセント会議」、「ウィチャットグループ」、「テンセントグループ」などのアプリは愛用されている。

学生達は毎日元気よく教室に集め、授業を受け、教師たちはネットの独特な優位性を発揮し、真面目に知識を伝授し、スクリーンシェアとオンライン交流を通じて、もっと多くの学習の楽しみを授けた。授業が終わった後も、教師たちは学生たちの勉強ニーズと体得を積極的に聞き取り、疑問が有るところを謹んで学生たちに説明した。「関心・細心・真心」を持って、3 Dのクラウドクラス効果を作り上げた。

飛びかかった感染症が最発して、親しむ室内授業はやむを得ず一時停止された我々は、離れ離れにされながら、心の距離が遠ざかっていなかったと深く感じている。「教室でのオンライン授業」は、インターネットでの対面授業を行ない、お互いにより親しくなってきた。それは、伝統的な教育方式に新テクノロジ・新メディア・新プラットフォーム・新理念を取り入れた授業法として、多くの考えと創意工夫を芽生えさせ、外国語教育改革の深化及び進化をバックアップすることができた。やがて感染症が過ぎ去り、オンライン講義より、必ず大学生活に新しい体験と心得を捧げたと信じている。




[作者: ソース: ]