威斯尼斯人官方娱乐平台|歡迎您!

外国語学院「120周年も青春に当たり、共に新しい青写真を描く」 周年記念行事ためのサインと趣味文化・体育活動の展開

時間:2022-04-19 12:53:16 クリック:

  陽春の三月に当たり、春が暖かく花を咲かせ、風がゆっくりと吹き、万物が蘇る。キャンパスの文化生活を豊かで活発にし、わが校の120周年記念行事を迎え、良好な慶祝の雰囲気を作り出し、学生たちの愛校栄校の気持ちを強め、スポーツ運動を通じて健康を増進するために、44日午前、外国語学院共産党青年団委員会、学生会、大学院生会は学院前の広場で「120周年も青春に当たり、共に新しい青写真を描く」という周年記念行事ためのサインと趣味文化・体育活動を行い、学校に戻ってきたの本科生と大学院生が参加した。


  サイン活動の現場で、学生たちは情熱を込めてキャンバスに自分の名前と母校に対する心からの祝福を丁寧に書いた。太原理工大学の学生としての栄光を次々と表現し、母校と一緒に進歩して、ともに輝かしい瞬間を自分の目で確認したいということを表した。一筆一画、一言一語、サイン現場は学生たちの笑い声と美しい憧れに満ち、間もなく開催される120周年記念行事を望み、母校と一緒に輝きを創造することを期待している。文体活動は趣味性と娯楽性を体現するために、団体活動を中心とし、主に趣味リレー、大縄跳び、チェギ蹴り、「椅子取りゲーム」などがある。学生たちは寮や課題グループを単位として自由にチームを組み、ルールを研究して役割を明確にし、趣味の文体活動であるが、真剣に「布陣」することを忘れず、より良い成績を取ってチームの名誉を獲得ように努力していた。活動中、学生たちは情熱的に騒いで、思う存分楽しみ、体を鍛えただけではなく、心身をリラックスさせ、お互いの感情も増進した。今回の活動を展開するために、学院はわざわざとスポーツ用品を購入し、活動が終わった後スポーツ用品をすべて学生たちに贈り、余暇を利用して積極的にスポーツ運動を展開し、体を丈夫にするよう奨励した。


  今回の活动は、学生たちの三連休中のキャンパス生活を豊かにしただけでなく、さらに良い慶祝の雰囲気を作り、母校に対する学生たちの美しい祈りを表し、学生一人一人と母校の心をしっかりと結び付けさせた。120周年も青春に当たり、共に新しい青写真を築くために、私たちは練磨奮闘して前進し、母校と一緒に未来に向かっていっこう。



[作者: ソース: ]