威斯尼斯人官方娱乐平台|歡迎您!

外国語学院が太原理工大学120周年創立記念日及び校友事業推進会を開催

時間:2022-03-11 15:55:45 クリック:

38日の午後、外国語学院は太原理工大学120周年創立記念日及び校友事業推進会を開いた。学院の創立記念日指導グループ校友事務室の全員及び学生ボランティアの代表者は今回の会議に参加した。党委副書記、創立記念日指導グループの副組長である鄭為国氏が司会者を担当した。



今回の会議は主に校友の連絡先の収集・整理及び歴代の卒業記念写真の募集、または、次の段階の推進計画及び記念活動の準備状況などの面から行った。まず、学院の創立記念日指導グループの組長、院長である段栄娟氏は学院の校友会分会の事務長、副事務長、理事会常務理事及び事理を担当するわが院の教師に招聘状を授与した。彼女は皆さんを下記のように励ました。学院校友会から得た職権・使命を積極的に担い、「愛院栄院」・「愛校栄校」という優れた品質を十分に発揮し、有り余る熱意と責任的な態度を持って、校友連絡及び創立記念日の準備などの事業を進めた。そして、記念日をきっかけに、学院としての特色的・意義的・効果的な創立記念文化活動を行うため、校友に広く連絡し、友好融通のステージを搭載し、人材資源の発掘、ウィンウィン発展の推進、更に活動を通してキャリアとグリップを鑑みて学院の発展をより一層推し進めていくつもりだ。



それから、学院校友会の副事務長を担当した劉錦峰氏は現在の校友連絡先の収集・整理についての状況を説明し、次の段階の事業計画を説明し報告した。鄭為国氏は歴代の卒業記念写真の募集事業を詳しく手配した。そして、その募集・展示は学院発展の歴史と道筋のシンボルであり、学院歴史文化の結晶でもあると述べた。全員は必ず主人公の意識を持って活動に備えて、校友を十分に動員し連絡して、マルチルート・マルチパス・マルチフォームで記念写真を収集し整理し、学院の貴重な歴史資料として残していきたい。鄭為国氏はまた、次の段階の優れた校友の創立記念日記念品の郵送、優秀な校友の実績募集、ボランティアの役割分担についても具体的な段取りを説明した。



最後に、出席者全員は記念活動関連事業を活発な雰囲気の中で十分な交流と検討を行った。皆は、学院の統一的な指導と綿密な手配のもとで、今年の校友及び創立記念日に関わる事業が必ず効果的に進行され、十分に実行され、そして輝かしい成果があげられることを確信している。


[作者: ソース: ]